Sakuyaのイソジオタ活のススメ

サブカルにまみれていたバブル時代を経て現在五十路

Nova Flame -Special Dance Performance-

見ました。昨日公開されたJのソロ曲のダンスパフォーマンス。

まず、カッコ良いコレオ。コレオが目を引く。と、思ったらNOPPOさん。やっぱり、でした。セクシーなコレオだよね。

の、割には、ジュノンのダンスは結構あっさり?ガッツリセクシーではない感じなんですけど。

そもそもジュノンって、熱いセクシーさよりもそっけなさというか、冷たさに色気が出るタイプな気がする。

こうして一人で踊ると、多分ダンスのスタイルというか、特徴が浮き彫りになるね。ジュノンは動きのキレがいい。さすが運動神経が良いのがわかる。足を上げるとこ、あれが一番カッコ良かったわ。

演出というか、バックダンサーとの絡み(絡みというか、絡みそうで絡まない・笑)とか、カメラのカット割り?が凝っていて、ステキでしたね。

 


www.youtube.com

BMSG FES'24告知

さて、ようやく、ようやく、今年のBMSG FESの告知がされました!

9/21~23の3日間、昼と夜公演の計6公演。会場はKアリーナ横浜。

今度こそ、3度目の正直で絶対行きたい。

今年はどうやら2時間半程度の内容らしく、ということは、コラボ中心ということかな?私にとってはそちらの方がありがたい。なんせ去年応援上映でも4時間半で、そんなに長時間のライブって耐えられる?って思っていたから。

コラボの曲をたくさんやってくれた方が、特別感も出るし、事務所の一体感も出るのでは?これは内容が楽しみですね。

去年、いろんなユニットがありましたけど、年少組の14th Syndromに来年はバースを作ってリュウヘイが参加、って言ってたのを忘れてませんよ。リュウヘイは未成年での参加が最後だから、未成年組でぜひともお願いします。

あ、待て待て、カノンはもう18歳になってるのか。とすると未成年組ではないか。じゃあ高校生組か。

あと、マーゼルとビーファのユニットも見てみたい。ダンス強い組ユニットとか。

どんな新しい化学反応が生まれるのか、楽しみです。

【写真はBMSG Officialより】

 

ところでこの写真のみんながそれぞれ持ってるアイテムにもまた意味が隠されてるのかな?リュウヘイはおもちゃの拡声器?スピーカー?なんか可愛いね。

そしてタクトが持ってるのはカワウソのぬいぐるみ?(笑)

自分で選んだのかな?

 

今日の夜には、ジュノンのNova Flameのダンパフォが公開されます。

トークショーでみんながダンス楽しみ、みたいにプレッシャーかけてましたが、本当に踊るんですね~。ジュノンが先陣を切ってやるというのがすごい。でも、最年長だもんね?見たらまた感想あげたいと思います。

MAZZEL Counterattack MV

昨日、MAZZELの新曲「Counterattack」のMVが公開されました!

曲の方は、既に何日か前に配信済だったのですが…

最初に聞いた感想としては、カッコいい曲だな、と。わかりやすくカッコいい。意外とそういう単純なカッコ良さって、段々薄らいできちゃうものだと思うのですが。

この曲は、そういう意味で、初心に戻るというか、MAZZELのカッコ良さを前面に打ち出した曲だと思います。

そして、MVの方は。MVの方は、というか、MVの方も、わかりやすくカッコ良かった。いや、実はこんな感じのダンスをしっかり見せてくれるMVが好きなんです。そういう意味で、テンションがあがりました!

最初、黒一色の衣装で踊るMAZZELの面々は、ちょっとね、各々の区別つかないというか、すごくカッコ良い「集団」に見えました。激しく踊っているせいか、なかなか誰かわからず。それだけね、つまりはダンススキルも揃っていたわけですよ。ニュアンスも、リーダーのタクトが揃えているのか、統一感がすごくあった。そして今回は、全員、大人っぽい。例えば、ナオヤやハヤト、リュウキといったどちらかというと柔らかい雰囲気のメンバーが、バチバチに決めてきていて、大人でしたね。

タクトについていえば、おお、「歌い出し」じゃん。そしてロングコート!カッコ良かった。相変わらずダンスは上手いんですが、それだけじゃなくて、歌の表情をつけるのが上手くなったと感じました。

あと、ほんとにリュウキが大人に見えました。誰?って感じに。そしてセイトの笑い声。ゾクっとしますね。

中盤、衣装がカラーになってから、ナオヤが一人で踊るところがあります。ここの色気がすごい。元々色気のある子でしたが、一人で魅せる力がある。

それにしても…やっぱりみんなダンスがすごい。なんか見惚れちゃいました。

MAZZELの楽曲は、どの曲もダンスが曲と一体化してて、楽曲の表現の大事な要素になっている気がします。これぞ、ダンス&ボーカル。

そして、やはりカイリュウの声色が、アクセントをつけている。声というか、楽器のように鳴り響く感じ。

いや、ほんと、カッコいいです。


www.youtube.com

休閑中に

ビーファ関連の供給が止まっています。それに寂しいと思ってしまうのは過度な供給に慣れているせいなのでしょう。

供給がないということは、次の仕掛けをしているのかな。楽しみに待ちたいと思います。

 

その間に、リア友と、ザストを最初から見ていて、今回3回目の上映会でようやく合宿に入り、クリエイティブ審査のチームBまで見ました。

クリエイティブ審査はねえ、私はもう道徳の教材みたいな思いで見ちゃうんですが。

色々と出来過ぎのチームAのあとのチームB。でもあれがホントです。人間そんなにすぐにわかりあえません。想像力だけじゃどうにもならないし、言葉だけじゃ誤解も生じるし、思った通りのことなんてできないし。それでも最後にあそこまで持って行ったんだから、すごいよね。

最初はリュウヘイに対してハードル高すぎだと思ったけれど、あのときにつまづいておいたから、その後のことに耐えられたともいえると思います。そして中学生で、あの状況に耐えられたんだから、やっぱり彼はきっとメンタルの強い人間なんですよね。そのメンタルの強さがあったから、中学生でも合格できた。彼の力を信じます。

そして、あれを見ていたら、すっかり大人になってしまったと感じていたリュウヘイが、あのときとしっかりリンクして重なる部分があって、少し驚きました。

中学生だけど大人に混じって、気を張って、頑張っていた彼。今も、大人の中で、頑張っているのだと思います。

Masterplanシリアル特典A賞トークショー・第2部アーカイブレポ

引き続き第2部。リョウキ、ジュノン、マナトの順に登場して着席。始まりの挨拶はジュノンから。

最初のコーナー「俺たちのGloriousアンケート」。

まずは「Masterplan」。リョウキ:強い意志と説得力を持って表現する世界への船出の曲。マナト:トレンドのドリルとメイドインジャパンを意識したサウンドを楽しんで欲しい。ジュノン:和テイストとドリル、ビーファの第1章を締めくくるような曲。。

その後、マナトがソウタ・シュント・リュウヘイ・レオのコメントを読み上げる。(以下略)リョウキがシュントとリュウヘイが1部が終わった後、速攻でカードを買いに行ったと暴露。

次に「Set Sail」。ジュノン:次は本編主題歌!マナト:BE:FIRSTを先生に書き下ろしてもらうのが夢。リョウキ:遊んでいたカードゲームが仕事になって、マネージャーが負けた気持ちになっているのが面白かった。

「Glorious」。マナト:感動した。ビーファになる前の人生を噛みしめて思い出に触れるような曲になった。ジュノン:高校サッカーのテーマだけれど色々な人に刺さるし、自分たちにも当てはまって心に沁みた。リョウキ:初の東京ドームの感動を、生涯忘れない。

(1部で書き損ねましたが、リュウヘイが「Glorious」のマナトとジュノンのコメントを読むとき、本人の物真似をしていて、似てました!マナトの言い方も似ていたし、レオは似てないと言ってたけど、ジュノンの声も似ていた。)

「Nova Flame」。リョウキ:ジュノンの歌声、魅力が繊細に詰まった曲。マナト:正直意外。でもジュノンのセクシーさとカッコ良さの掛け算。パフォーマンスが楽しみ。

ジュノン:みんなの想像を覆したかった。初のソロ曲に対面する皆さんとの駆け引きもリリックとして考えた。

コーナーが変わって「セットするけどセイするな!NGワードゲーム」

トークテーマは「ドーム公演」で、NGワードはマナト:運転、ジュノン:早着替え、リョウキ:足がつった。

誘導して惜しいとこにはいくが3人とも言わず、結局自分のNGワードを当てることに。マナトとリョウキは当て、ジュノンは「早変え」になり、減点。減点で拗ねるジュノンをマナトとリョウキが可愛い可愛い言ってた(笑)

2回戦テーマ「YouTube撮影」。NGワードはマナト:美味しい、ジュノン:音、リョウキ:SOTA。

マナトはリョウキの誘導に早々にNGワードを言ってしまう。今度はマナトがうまくリョウキに言わせ、残ったジュノンは自分のワードを当ててジュノンが優勝。

時間の都合でもう1回戦は省略。ちなみにテーマ「夏フェス」でマナト:初めて、ジュノン;タオル、リョウキ:ビール。

次のコーナーは「教えてあなたのMasterplan」。会場から3年後までの自分の計画を募集して、メンバーが順番に読み上げる。各内容は省略します。

最後一人一人の挨拶でマナトが奥の人見えにくいよね、と言って会場を走って一周する。続いてジュノンも走り、疲れた~と言ってました。最後リョウキも走り、ステージに戻ってチェア(笑)それから退場。

 

全体として、マナトが上手にまわしてました。3人とも大人な感じ。ジュノンがいつもより話してた気が。始終可愛かった。リョウキも脱線少なかった。

3人が会場を走って周ったときはみんなキャーキャー凄かったです。

以上簡単なレポでした!

Masterplanシリアル特典A賞トークショー・第1部アーカイブレポ

恒例となりましたこちらのレポですが、なかなかアーカイブを見る機会がなくて遅くなってしまいました、すいません。

まず、私が当選した第1部の出演者は、ソウタ、シュント、リュウヘイ、レオでした。

4人が登場して、自己紹介(相変わらずクセつよ)のあと、最初のコーナーが「俺たちのGloriousアンケート」で、今回のコンセプトシングルの各曲についてのコメントを話しました。

まずは「Masterplan」。レオ:ビーファの第1章を締めくくるような曲。シュント:馴染みがあるけれど、新鮮なトラック。ソウタ:自分たちの分岐点になる曲。リュウヘイ:初めて聞く感覚を味わえる曲。

そして、リュウヘイからダンスブレイクのバックの音が自分とシュントの声で作られているということが語られました。それはびっくり。そうだったんだ、96ブラの声で作られてたんだ…改めて聞いてみてびっくりでした。

その後、マナト・ジュノン・リョウキのコメントをリュウヘイが読み上げる。(以下略)

次に「Set Sail」。シュント:主題歌を歌いたい。ここで会場からシュントに「かわいい~」の声。リュウヘイが可愛いだってよ、と言うとシュントがありがと、と言ってました(笑)

リュウヘイ:これからもかかわる機会があれば嬉しい。レオ:目標は主題歌。ソウタ:主題歌を歌えるよう頑張りたい。

「Glorious」。ソウタ:自分たちの曲として、ライブで歌ったときは、感情の沸き方が違った。シュント:ライブで一番手応えのあった曲。リュウヘイ:ベスティともっとライブの時間を共有したい。レオ:自分たちの足跡をたどっているような曲。

「Nova Flame」。リュウヘイ:ジュノンのファンは喜んでいるだろう。レオ:ジュノンのステキなところが出ている。(ちょっと他人行儀?笑)シュント:音楽のルーツが見える。踊る曲だと思う。ソウタ:ダンスナンバーを選んでいることに感動。

ここでリュウヘイがペットボトルの水をストローで飲みだし、全部を一気飲み。レオに、前にもそうやって時間中にトイレに行きたくなったって言ってたろ、と怒られる(笑)

コーナーが変わって「セットするけどセイするな!NGワードゲーム」

各々自分のNGワードが決まっていて、他の人はそれを言わすように、本人はわからないそのワードを言わないように話すゲーム。

トークテーマは「ドーム公演」で、NGワードはソウタ:バンド、シュント:トロッコリュウヘイ:Masterplan、レオ:ジャイアンツ。

4人ともなかなかうまく誘導できず(笑)結局自分のNGワードを当てたらポイントにすることに。ソウタとレオはまず当てて、リュウヘイはヒントをもらって当て、シュントは当てられず。

2回戦はテーマ「YouTube撮影」。NGワードはソウタ:居酒屋、シュント:トング、リュウヘイ:ゲーム、レオ:トレーニー。今度は一人一人テーマについて話すことに。

リュウヘイはコーヒー、飲めるし、今も飲んでます。おつまみつくる企画、良かった。レオがシュントは食べてるだけ、って(笑)そしてシュントのメンプロ商品で、どれがイチオシ?と誘導。シュントが思わず「トング」と言って、みんな大喜び。リュウヘイは喜びのダンス踊ってた(笑)今度はソウタがレオに言わそうとするけど、レオは頑なに言わず。時間切れになって、3人ともに自分のNGワードも当てられず。

最後はジャンケンになり、96ブラが勝ち抜け、二人でジャンケンの結果、シュントが勝って、シュントの優勝。ん?シュントはNGワード言っちゃったのに、優勝って(笑)

商品はアマゾンギフト券1万円分。(いいな~)

次のコーナーは「教えてあなたのMasterplan」。会場から3年後までの自分の計画を募集して、メンバーが順番に読み上げる。各内容は省略します。

最後一人一人が挨拶の時間に、ソウタがけん玉をやり出す。「もちだはやと」の大技を披露。何回か失敗してから、成功して、終了。退場の時、今度はリュウヘイがただ乗せるだけを3回失敗し、4回目に成功してから退場してました。

 

全体として、ソウタ・シュント・リュウヘイが自由にやってて、レオが頑張ってまとめてました。レオくん、きっと汗かいてたよね(笑)リュウヘイも頑張って回してたけど、所々脱線して、レオに叱られてた。ソウタとシュントはあんまり回す気なかった(笑)ふわふわパーマで前髪アリのリュウヘイは可愛い感じでヤンチャっぽかったですね。

以上簡単なレポでした。

時代は動いている…?

更新が滞ってしまい、ごめんなさい。

久しぶりにプライベートが忙しい。

ビーファの供給もないこともないんですが…

この間のトークショーアーカイブも来ましたよね。当たっていなかった2部の方は見ました。ジュノン、リョウキ、マナト。マナトが上手に回していましたね。

きちんと見てからレポしたいと思っています。

 

昨日、友達と高速を片道3時間弱ほどドライブして、県内某所へ行ってきました。

その行きがてら、友達のリクエストでビーファのDVD、BE:1を見ました。

だいぶ久しぶりに見ました、追加公演の代々木。

いやー、やっぱり良かったなぁ。本当に完成度の高いライブだった。全19曲。すべてが最高。どの曲も良いんだよねぇ。BF is…から始まって、最後のGifted.まで。

改めて見ると、リュウヘイはまだパフォーマンスが大人しいんだけど、一つ一つ丁寧に歌い踊っている。力強さはないけれど、シルエットの美しさ、髪の毛の先まで…。あの年令特有の透明感があって、見とれてしまう。

今のビーファと比べると、ワイルドさとか貫禄はなくて、でも真摯さが伝わってくる。一途な一生懸命さ。それが会場の一体感とともに伝わってくる。

 

あ、なぜ友達からのリクエストだったかというと、前にさんざん布教したことが、最近じわじわと効いてきたらしく、Masterplanをすごくカッコいいと言ってくれてて。

ソウタのダンスとか、ビーファの歌の上手さを買ってくれてて。

ライブDVDもとても好評でした。少なからず…時代は動いているんだよねぇ。